コミュ障がひどく、仕事が辛いから辞めてみた僕の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回の記事では

コミュ障過ぎてどうしても今の仕事が辛い・・』

と悩む人へ、同じように長年コミュ障で苦しんだ僕が、会社での辛い働き方を辞めても自由に収入を得られるようになった方法を解説していきます。

この記事を読むことで、今の辛い仕事から解放されて、もっと自分らしく楽に生きていくことができるようになりますよ。

 

・簡単な仕事ができない
・仕事が遅い
・周りから嫌われてしまう
・言葉が詰まってしまう
・同僚との雑談が苦しい

あなたは今、こんなことで悩んでいませんか?

今回の記事では、そんな悩みを抱えるコミュ障社会人へ向けて、会社に依存しなくても不自由なく生活できるようになる方法をお伝えます。

これを読み終えたときには、肩の重荷がとれて心が軽くなることでしょう。

コミュ障だとふつうの仕事は辛い・・

コミュ障という症状を抱えていると毎日が辛くて辛くてしかたないものです。

過去の僕も、ずっとコミュ障が原因で会社員生活に馴染めず苦しんでいました。

・頑張ってるのにミスを繰り返す
・上司の指示が理解できない
・言葉が詰まってしまう
・同僚たちとの雑談の輪に入れない

そんな症状のせいで、周りからは聞こえる距離で陰口をいわれ、職場の雰囲気も悪くなっていく一方・・

最初は気にかけてくれた同僚も次第に離れていき、どんどん孤立していきました。

そして耐えられなくなって辞めてしまう。

こんなことの連続だったんです。

その為、お金も貯まるはずもなく、30を過ぎた時点で貯金は30万円を切っており、首の皮一枚の生活を余儀なくされていました。

そして、お金がない焦りと仕事のストレスで

・帯状疱疹
・急性ウイルス性腸炎
・不整脈
・突発性難聴
・過敏性大腸炎 

そんな病気を繰り返していました。

今でこそ苦しい状況から抜け出してストレスフリーな毎日が送れていますが、当時は本当に心身共にボロボロだったんです。

このようにコミュ障というのは、一般社会に出てから致命的なハンデとなって襲い掛かってきます。

 

コミュ障で仕事が辛いなら避難すべし

しかし、特に日本人というのは、どんなに精神的に追い詰められても

・仕事は嫌なもの
・嫌なことを耐えるのが社会人
・仕事を辞めるのは悪いこと

そんな固定観念が強いので、我慢してしまいがちです。

でも、僕の経験からいうと、コミュ障で仕事がどうしても辛いのなら無理して続けなくてOK

『嫌なら辞めちまえ』

僕がそうして成功したように、自分に合った新しい働き方を見つけることを強くオススメします。

このままストレスを我慢して働き続けていたら、僕のように病気になってしまうかもしれませんよ。

そうなると、結局退職に追い込まれて次の仕事を探す事すらできなくなってしまうんです。

それに、今の職場でいつまでも仕事ができないのなら会社にも迷惑がかかります。

代わりの誰かが入れば、もっと仕事がスムーズに運ぶかもしれないのに、自分が足を引っ張って会社の成長を止めてしまうことになるんです。

コミュ障である僕たちは、同じ空間で人に囲まれながら仕事をするよりも、

ひとり静かな環境に身を置いていたほうが確実に能率も上がるし、ストレスフリーに生きることができるようになります。

 

コミュ障で仕事が辛いのは頭が悪いのではない

コミュ障の人は特に真面目で責任感の強いタイプが多いので、会社員として上手く適応できない原因を

『自分が頭が悪いからだ』
『どんくさいから悪いんだ』
『コミュ力がないから仕方ない』

など

その原因を全て自分にこじつけがちです。

しかしそれは大きな間違いで

周りの目が気になり過ぎて、目の前の作業に集中できていない、というケースがほとんどです。

自分の意識が周りの顔色にいってしまうから、注意が散漫になってミスをしてしまうんですね。

だから、コミュ障の人は、監視の目がなくなれば焦りや緊張がなくなるので、ブロックが解除されたようにスムーズに仕事ができるようになるものです。

だから、頭の良し悪しが原因ではないので、落ち込まなくてOKです。

それに、実はコミュ障の人というのは

・想像力
・集中力
・洞察力
・共感力

という点で、むしろ普通の人より優れた特性を持っている傾向があることが研究から解っているそうです。

ただ、今の職場ではその才能が活かせない、というだけの話です。

メンタリストのDaigoさんによると

一番問題なのは、自分がコミュ障だと思い込んでしまうこと

この思い込みが、よりコミュ障レベルに拍車をかけてしまうことになるので、これ以上の悪化を防ぐために今すぐSTOPをかけましょう。

自信を持ってOK!

それでは、どうすればコミュ障はリア充のように楽しく働けるようになるのか?

それは上でも書いた通り、

コミュ障で仕事が辛いなら一人でできる仕事を選ぶ事。

たとえば

・物流倉庫内作業
・配送ドライバー
・ポスティング

などが、上の条件を満たす職種です。

しかし

僕は上で挙げた職種を全て経験済みですが、現実は甘くない・・

会社で人に雇われている立場である以上は、いくら1人になれる率が高い業種であっても、それなりの対人ストレスには耐えなくてはいけません。

上から嫌な仕事を任されたり、慣れた持ち場を変えさせられることもあるので、人のしがらみから逃れられない意味で結局苦しむんです。

では、どうしたら協調性も社交性もないコミュ障が、もっと自由で快適な人生を送れるようになるのか?

それは・・

ひとりで稼ぐ力を身に付けること

『そんなの無理だよ・・』

なんて声が聞こえてきそうですが、

大丈夫です。

今は、インターネットが世の中に普及したおかげで、家でネットがつながる環境があれば、会社に雇われなくても生計を立てることができます。

コミュ障な上に重度のパソコン音痴だった僕でも月収50万円くらいは普通に稼げるようになったように、何か特別な才能がなくても、

正しい方法を学んで実践すれば、たとえゼロからのスタートでも食べるに困らないくらいのお金は稼げる時代になってきたんです。

ブログやツイッターなどのSNSの台頭により、個人の力が飛躍的に強くなってきたことが、僕たちコミュ障にとって追い風となってくれています。

 

仕事が辛いコミュ障にはアフィリエイトが最適

では

実際にどうやったらパソコンを使って個人で稼げるようになるのか?

それは、

アフィリエイトを始めること

アフィリエイトとは一言でいうと、個人がネット上で行う代理販売のようなイメージです。

ある企業が作った商品を、自分のサイトで紹介(広告を貼る)して、その紹介報酬をもらうお仕事になります。

紹介した商品をお客様が買ってくれたとき、売り上げの一部があなたに報酬として支払われる、という仕組みです。

では、どうしてアフィリエイトがオススメなのかというと・・

・きちんとサイトを育てて行けば、安定した不労所得を確保できる。

・株・FXのようなお金のリスクがほぼゼロではじめられる。

・人が開発した商品を扱うので、自分で作らなくて良い。

・ネットがつながる環境であれば自宅ですぐにはじめられる。

・初期費用がほとんどかからない

・大手企業も採用している(信用がある)

このように、リスクがほとんどないのにメリットが豊富というのがアフィリエイトの魅力です。

・ひとり静かな場所で仕事ができて
・会社員以上の給料を
・短時間で安定して稼ぐことが可能

という、まさにコミュ障にとっては天職ともいえるお仕事モデルなのです。

すこしでも興味を持ったなら

今はまだ、アフィリエイトについてぼんやり知ってもらえる程度でかまいません。

コミュ障で仕事が辛い・・から卒業する

実際にアフィリエイトを始めるにしても、いきなり脱サラしてそれ1本でやる必要はありません。

最初は会社に片足付けながら、まずは副業程度でOKです。

そうすれば、生活基盤を失うことなく個人で収入を増やしていくことができますからね。

僕はそうしていました。

そして、収入が安定してきたら、本腰を入れて取り組んでいけるようになるのが理想的だとおもいます。

そうなれば“脱社畜”まであと1歩です!

脱”社畜”まであと一歩!!

しかし

アフィリエイトは、今はまだ世間的な認知度は高くないものの、参入者が増えてきているのは事実です。

なので、二の足を踏んでいると、まわりのライバル達に先を越されて大損してしまうことになりかねません。

そればかりか、時代に取り残されて、いよいよ苦しい労働者のまま嫌な仕事を続けなければならないのです。

そうならないように、素早い行動をとることをオススメします。

仕事が辛いコミュ障が人生逆転するとき

今回は

『コミュ障は会社勤めよりも個人で稼げるようになるのがオススメ』というお話をしてきました。

今すぐ行動を起こせば、パソコンが苦手でも

自宅でインターネットだけで食べて行けるくらいのお金は稼げるようになります。

このまま会社勤めに耐えていても何も状況が変わらないし

最悪、働けなくなって自分はおろか、大切なものも守れなくなってしまうんです。

そんな悲しい未来は、全力で回避しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ユウタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA